開会式典

【日時】
5月23日(土) 11:30~13:00

【場所】
會津風雅堂 大ホール 会津若松市城東町12-1


 【會津風雅堂】
  市のシンボルである鶴ヶ城に隣接する場所に位置し、その名前は「會」が歴史と伝統を、「堂」が建物の威風を表し、
 その間の「風」と「雅」はここから文化の優雅な風が街中に吹き渡るようにとの願いが込められている。座席数1,758席、
 福島県会津地方では最大規模。

【内容】
2日間にわたり開催される本大会のオープニング。會津大会の参加者が一堂に会す場にて、大会を華々しくスタートすべく、
“会津らしさ”を発信致します。

【参加対象】
来賓・JCメンバー・シニアメンバー ※一般参加OK、入場無料

オープニングフォーラム

【日時】
5月23日(土) 11:30~13:00

【場所】
會津風雅堂 大ホール 会津若松市城東町12-1


【内容】
1982年、松本の地にて「よみがえれ城下町」をスローガンに生まれた市民運動の灯が、各地青年会議所に飛び火し、いまや66地域へと広がり、炬火となって全国へと広がっています。会津では第3回大会以来の、実に31年ぶりに全国城下町シンポジウムが開催されます。

時代の流れと共に全国各地の城下町がいかに発展してきたのか、そしてこれからのまちづくりのキーワードである地方都市再生が、歴史の彩を残す城下町といかに共生して発展していくのかを全国に発信するまたとない機会です。

オープニングフォーラムでは、本大会最初のセクションとして、大会コンセプトをしっかりと伝え、市民をはじめ多くの来場者に対し、自律と自立による「まちづくり」という共通の想いを掻き立てることを目的とし、それぞれの講師から、基調講演やトークしていただきます。

第1部  基調講演『愚直のすすめ』 大会コンセプトである「會津から蘇る!日本人が忘れかけた魂(こころ)」をテーマとした講演していただきます。

講師 松平 保久氏(会津松平家第14代当主)

学習院大学法学部法学科卒業。日本放送協会入局、その後、NHKエンタープライズに転籍(ドキュメン タリー、映画関連業務などを担当)。会津松平家第14代当主。松平容保公のひ孫。


第2部 パネルディスカッション 会津の歴史と教えを振り返り、城下町の発展とともに会津独自の精神文化や食文化などの地域性が色濃く栄えたことを再確認する為に、トーク、パネルディスカッションをしていただきます。

コーディネーター 柳澤 秀夫氏(NHKキャスター)

会津若松市出身。早稲田大学政経学部政治学科卒業。
1977年記者としてNHK入局。その後、海外特派員として、アジア、中東、アフリカの戦争・紛争を中心に取材。2002年から解説委員として中東・アフリカ情勢を担当。「ニュースウオッチ9」初代キャスター、「解説委員長」、「あさイチ」キャスター。

パネリスト 松平 保久氏(会津松平家第14代当主)

学習院大学法学部法学科卒業。日本放送協会入局、その後、NHKエンタープライズに転籍(ドキュメン タリー、映画関連業務などを担当)。会津松平家第14代当主。松平容保公のひ孫。

パネリスト 中村 彰彦氏(小説家)

栃木県出身。東北大学文学部国文科在学中に「風船ガムの海」で第34回文學界新人賞佳作入選。文藝春秋編集者として勤務後、執筆活動に専念。1994年「二つの山河」で第111回直木賞受賞。

パネリスト 春風亭 昇太氏(落語家)

東海大学文学部卒業。1982年春風亭柳昇に入門。1986年二ツ目昇進、春風亭昇太となる。1992年席亭推薦による抜擢で真打昇進。※平成12年度第55回文化庁芸術祭(演芸部門)大賞受賞


【参加対象】
一般・JCメンバー

【定員】
800名 ※入場無料

HOME ご協賛 スケジュール イベント案内 PAGE TOP